移転祝いの花として胡蝶蘭を贈るときの相場とマナー、熨斗(のし)

移転祝いの花として胡蝶蘭が人気の理由

移転の胡蝶蘭

移転祝いとして定番の贈り物が胡蝶蘭の花です。花言葉が「幸せが飛んでくる」となっており、移転した会社へのお祝い品として縁起が良いと言う理由から、多くの企業で利用されています。

 

室内の日が当たらない場所でも育ち、月に3回程度の水やり以外はお手入れが不要、花が終わるまで2〜3ヶ月は楽しめる人気の祝花です。

 

胡蝶蘭は花屋で購入できますが、花屋によって品質や値段に差が出ています。特に胡蝶蘭は見た目での品質の判断が難しい花なので購入の際は注意が必要です。

花屋で手配するときの注意点

花屋の中には入荷して古くなっている胡蝶蘭を納品するところもあります。外見ではわかりづらいので選別は難しいのですが、もし古くなった胡蝶蘭が届けられてしまった場合は、数日後に枯れてしまうことがあります。

 

品質の悪い胡蝶蘭

 

長持ちすることで有名な胡蝶蘭が数日で枯れてしまったらどうでしょうか。大切な取引先に「すぐ枯れる=長く続かない」という縁起の悪い印象を与えてしまいます。

会社の移転祝いや設立祝い等にすぐ枯れてしまうような品質の悪い胡蝶蘭を贈ることは、マイナスな印象となってしまいます。

 

移転祝いの花は鮮度と品質の良い胡蝶蘭を選ぶことが大切です。

 

見た目には品質や鮮度がわからない花なのですが、どうすれば相手に失礼にならない新鮮な花が贈れるのでしょうか。

 

移転祝いに新鮮な胡蝶蘭を手配する方法

入荷日の表示義務がないため、新鮮かどうかの区別が難しいのが胡蝶蘭です。
胡蝶蘭はほとんどの花屋で注文を受け付けていますが、新鮮で品質の良い花を贈りたいときは生産地から胡蝶蘭を直送している会社を利用するのがおすすめです。

花屋で手配した場合

【生産地】 → 「花市場」 → 「仲卸」 → 「花屋」 → 【お届け先】
届くまでの間に業社が介在することで値段が上がり、時間もかかるため値段の高騰と品質の劣化を招いています。

生産地から直送した場合

【生産地】 → 【お届け先】
物流コストが最小限になることで値段を抑え、さらに新鮮なままお届けすることが可能になります。

胡蝶蘭を直送する方法

日本には胡蝶蘭の生産地が50以上ありますが、直送している生産地も多数あります。
数ある生産地の中でも、花のプロである「フラワーデザイナーが厳選した生産地」の蘭がおすすめです。

鮮度が良くて花持ちが良い胡蝶蘭

フラワーデザイナーがセレクトした高品質な胡蝶蘭が購入可能です。

法人向けにお祝いラッピング、札メッセージ付き

ビジネスシーンに最適な見栄えで贈ることができます。

花屋の販売価格より安い値段

産直入荷は花市場を通さないのでその分値段もお得です。

24時間注文受付

時間を気にせず注文可能。カード払い、請求書払いが利用できます。

送料無料&回収業者紹介

全国へ送料無料で贈れます。花が終わった後の処分も安心です。

 

 

贈って安心の高品質な胡蝶蘭は、花のプロが監修する『レペトワール(本社:東麻布)』がおすすめです。

 

 

レペトワールの特徴

【配送エリア】

日本全国(翌日配送)、無料配送※離島、沖縄県を除く



数々の受賞歴を誇る名産地の胡蝶蘭。

「カード決済」「請求書払い(後払い)」「銀行振込」に対応。

最高品質の胡蝶蘭を新鮮&産直価格で贈れます。

札・メッセージ、ラッピングサービス無料。

価格 27,000〜円
評価 評価4.5
備考 最短翌日の全国配送&送料無料

【レペトワール公式サイト】

http://ranran-repertoire.com/

 

移転祝いの相場

移転のお祝いには相場があります。相手が顧客の場合と通常の取引先とでは相場が異なりますので確認しておくことが大切です。
特に競合他社から贈られてくる花に見劣りしない値段のものを選ぶようにしましょう。

 

一般的に無難な相場としては、最低でも2万円台後半〜3万円台となります。

 

届け先との関係によって値段は増減するのが一般的ですが、大事な取引先宛に贈る場合は5万円以上が安心の目安です。

 

>>レペトワール胡蝶蘭【利用者の声】を読む

 

重要顧客など大切な取引先

3万円〜6万円

 

胡蝶蘭<3本立> 胡蝶蘭<5本立>

価格:32000円

価格:52000円

 

通常の取引先

2万円〜3万円

 

胡蝶蘭<3本立>

価格:27000円

 

予算に合わせて選べる3タイプ

 

>>胡蝶蘭一覧

 

ご注文はお電話、FAXでも可能です。
ご注文の際に「移転祝い.xyzのサイトをみた」といっていただけましたらスムーズです。

 

 

移転祝いに安心して利用できる会社

本社社屋や事務所の移転祝いに贈るプレゼントとして失礼のない見栄えの贈り物を手配することが大切です。
胡蝶蘭には法人向けに適した色のラッピングと熨斗の代わりにお祝いメッセージ札を付けて贈ることが出来ます。

 

 

法人向けに販売実績の少ない花屋を選ぶとビジネスギフトに向いていないラッピングや立札になってしまうことがあります。
大切な取引先へのお祝い品は、フラワーデザイナーが選ぶ実績のあるサービスを利用するのが安心です。

 

胡蝶蘭選びに迷ったら?

大切な顧客宛の移転祝いには胡蝶蘭5本立がおすすめです。
普通の花屋で注文すると6〜7万円程度になりますが、産直を利用することで5万円台で購入することができます。

 

移転祝い花

 

取引先が顧客の場合は3〜7万円程度が相場になりますが、安心なのは最高級の5本立ちです。
産直販売の会社を利用することで胡蝶蘭5本立は5万円台で注文できます。
大手の花屋、花キューピットなどを利用するよりも割安で見栄えの良い花を手配することが可能です。

 

胡蝶蘭3本立は大手の花屋で注文すると4〜5万円程度になりますが、産直販売しているサービスを利用することで約3〜4割安い値段で手配が可能です。

移転祝いの花につける立札とマナーについて

移転祝いに花が選ばれている主な理由としては「いつまでも残らないこと」「食べ物と異なり、好き嫌いが少ないこと」「値段に幅があること」「縁起の良い花言葉があること」等が挙げられます。

 

花は飾り物のように残るわけではありませんので邪魔になりません。また、胡蝶蘭には香りもありませんし、手間もかからないため男性ばかりの会社でも安心です。

 

仕立てによって値段に幅があり、取引の大小によって金額を選ぶことが出来ます。
顧客宛には値段の高い花、下請け向けなら値段の少し安めの花を選ぶなど予算に合わせた手配が可能です。

 

「幸せが飛んでくる」と言われる縁起の良い花言葉を持つ胡蝶蘭は移転祝いに最適な贈り物とされています。

 

移転祝い立札

移転祝いの花にはお祝いの札をのし代わりとして花に立てるのがマナーです。

 

立札の内容は、基本的には用途に合わせた書き方で付け方が変わりますが、不明なときは「御祝」とするのが安心です。

 

移転祝いの熨斗の書き方で一般的な例としては「祝御移転」「移転御祝」となります。
続けて送り主の社名と役職、氏名を書きます。個人で贈るの場合は氏名だけになります。

 

 

先方(受け取り側)の情報を書く場合もありますが、熨斗の代わりになりますので基本的には書かなくても失礼にはなりません。
心配な場合は両方書くことをオススメします。

 

 

移転祝いのお届け日

移転後の業務開始日当日中に間に合うようにすることが一般的なマナーです。
予め手配する日を予約しておけば配達日と時間帯の指定ができますが、至急で贈りたいときは即日発送できます。

 

通常の花屋で手配する場合は入荷に1〜2日かかりますので、納期が3日後となるのが一般的です。

移転祝い花の注文方法

お祝花のオーダー方法は、商品画像と金額を見比べながら依頼できるネットショップがおすすめです。
実際の花屋には胡蝶蘭の在庫がないことがありますので、画像で確認するほうが安心です。

 

24時間ネット注文を受け付けていますので、わざわざ花屋に注文しに出向かなくても簡単に依頼することができます。

 

フラワーデザイナーが選ぶ胡蝶蘭

高級ギフトとして企業間で多く利用されている胡蝶蘭ですが、中には粗悪品も流通しているのが現状です。
ここで紹介する生産地は、フラワーデザイナー自らが産地を訪れ、品質の良い蘭を選んでいます。

 

値段は選びやすい3択になっていますので、予算に合わせた高品質な胡蝶蘭が注文可能になります。
注文はネットで行えますので、夜間や急ぎのときでもすぐに手配できます。

 

フラワーデザイナーが選ぶ胡蝶蘭は利用した企業からの評価も高く安心です。

 


>>フラワーデザイナーが選ぶ【高品質胡蝶蘭】<<

 

鉢の処分も安心

花が終わった後の鉢は処分に困るものです。

 

温度変化の少ない、温かな環境下で管理することで再び花が咲くことがあります。
でも、枯れてしまうこともありますので処分するケースが大半です。

 

処分する場合は燃えるゴミと燃えないゴミに分別しなくてはいけませんが、そのようなときは専門の業者にまかせるのが安心です。
お届け時には回収業者の連絡先も記載した取扱説明書が同封されています。

 

楽天などで販売されている「もともと安い胡蝶蘭」と違い「高品質な胡蝶蘭が安い」ので安心です。
安心の証拠にすべての花に品質保証がついています。

 

送料無料で翌日には全国配送されますので、花キューピットなどを利用するより高品質で安い胡蝶蘭が最短で手配できます。

会社の移転祝いと事務所の移転祝いは違う?!

移転祝いにも、本社移転や事務所移転、店舗や営業所の移転など様々です。

 

お祝いを贈るときはどうしたら良いのでしょうか。

 

本社と事務所の移転は区別する?

相手が重要な取引先の場合は、本社でも支社でも営業所でも「移転祝い」は必ず贈るのがビジネス上のマナーです。

 

相場観としては、本社>支社>事務所(部署)と考えておくと良いと思います。

 

尚、移転の知らせで「祝い品辞退」等の記載がない限り、お祝い品は贈るようにしましょう。

 

花以外の贈り物

会社移転のお祝いの贈答品としては、花以外に家電やカタログギフトなどもありますが、相場を考えると胡蝶蘭がおすすめになります。
焼き菓子や家電、カタログギフトよりも胡蝶蘭が選ばれる理由は、お祝い品として縁起が良いという理由からです。

 

相手からのリクエストがない限り、相場の安いスイーツやインテリア、家電などは贈らない方が無難です。
飲食物やインテリア、オブジェなどは「好みやタブー」があるので注意が必要です。

 

また、サイズの大きな観葉植物は種類によって日照やお手入れが必要な場合があります。
日照のない環境でお手入れがされないままの状態が続くと半年も持たずに枯れてしまいます。

 

枯れた観葉植物

 

枯れて葉が変色したもの、葉が落ちはじめたものは回復させるのは難しく、廃棄処分となってしまいます。
種類によって処分に相当な手間がかかることもありますので、サイズの大きな観葉植物は「相手からのリクエスト」があった場合に選ぶのがおすすめです。

 

贈り物で困ったときは相場にも見合っている胡蝶蘭などの「花」にすることをおすすめします。
胡蝶蘭は花が終わっても、葉が生きていれば再び花目を出して花を咲かせてくれます。

 

移転祝いを贈らないケース?

社屋や事務所営業所の移転の知らせが届いた場合は、移転祝いの手配を進めます。
ただ、業務縮小や撤退等の理由で移転した場合にはどうしたら良いでしょうか?

 

基本的には、移転祝いは贈るべきでしょう。

 

例えば、もし逆の立場(受け取る側)ならどうでしょうか。

 

やむを得ない事由で移転を余儀なくされたが、そこで業績回復をめざして業務を続けていく。
そこに応援の意味を込めた移転祝いが届いたら嬉しいと思いませんか?

 

引き続き取引を継続するビジネスパートナーには、相場的にはやや安くしてもお祝いは贈るべきと考えます。
尚、相手がお祝いの受取を辞退している場合は贈らないのがマナーです。

 

今後も相手とより良い関係を続けていくのであれば、お祝い品を贈るようにしましょう。

移転祝いに関する情報サイト