移転日が過ぎたときの対応

移転祝いを贈るタイミングについて

移転祝いは事務所やお店などを移転することが決まった場合に、日頃からお世話になっている会社やお店の場合に贈り物をするというものですが、式典やパーティーなども催しものをするところも多いので通常はこのタイミングで贈るのが一般的となっています。
しかし、知らせを受け取るのが直前だったような場合はなかなか時間を作ることができないので当日に間に合わない可能性があり、他にもかなり昔に聞いていたのですっかり忘れてしまっていたような理由で移転日にまで準備することができないケースなどもあります。
このような場合にどうやって対応したらいいのかわからないという人が多いと思いますが、お祝い事であるため遅れてしまった後でも贈ること自体は失礼に値しないものの、贈るものによっては迷惑になる可能性があります。
特に胡蝶蘭や観葉植物などを贈るのはすでに式典が終わっている後だともらっても困るというケースも多いため、特に10日以上過ぎてしまっているような場合は植物を贈るのではなく商品券などを贈ることをおすすめします。
また、これを贈らないといけないという決まりがないので相手が喜ぶものを考えるのがベストではあるものの、なんでも良いというわりにはマナーなどに抵触してマイナスイメージになってしまうようなこともあるので贈るものには注意する必要も出てきます。
立札やメッセージカードについても必要に応じて贈るようにし、柔軟に対応することが肝要になります。