移転祝いにふさわしくないもの

マナー的に移転祝いにふさわしくないものとは?

移転祝いの花

移転祝いには胡蝶蘭や観葉植物などの植物を贈ることがビジネスマナーでふさわしいと言われています。

 

特に胡蝶蘭は法人向けお祝い花の定番ギフトでもあり、幸せを運んでくるという花言葉にこれから移転して始まる事業にプラスをもたらすという意味合いや長持ちしやすく管理も楽、華やかで見た目も良いなどの特徴もあります。

 

お祝いの胡蝶蘭に立札を添えることによって贈った相手の株を上げることができるだけでなく、自分の会社のアピールをすることもできるなど取引きに活かすことができるといった特性があります。

 

必ずしも移転祝いに花を贈らないといけないというルールがあるわけではありませんが、相手会社との関係性によっては贈るものを柔軟に変えて、より喜んでもらえるものを渡すという選択を心がけることが大切です。
その際に気を付ける必要が出てくるのは「ふさわしくないお祝い品の種類」といったマナーに関することです。

 

すぐに枯れる花はタブーです

祝花の場合で特に気を付けなければならないのは、すぐに枯れてしまうものを贈ることが挙げられます。
「すぐに枯れる」=「繁栄しない」といった意味合いに捉えられてしまう場合があり、会社への贈り物としてふさわしいとはいえません。

 

そのような意味合いから花の中でも最も日持ちの良い胡蝶蘭が選ばれているのです。

 

ときおり「赤色」を移転祝いに避けるような記述があちこちに見受けられますが、これは正確ではありません。
赤色は元来から「おめでたい色」として扱われ、活力のあるエネルギッシュなカラーとされ、多くのお祝い事にふさわしい色です。

 

参考までに、赤い花がふさわしくない用途は「新築祝い」「お見舞い」です。
赤色が火事を連想させ、お見舞いは「血」を連想させることから、新築祝いやお見舞いにあたっての贈答花としてはできるだけ赤を避けるべきと言われています。

 

移転するということは新しい事業がスタートすることにもなります。新しい門出を祝い花としてふさわしいものを贈るようにしましょう。

 

日持ちの良い胡蝶蘭を移転祝いに贈る