移転祝いにふさわしくないもの

マナーで考えて移転祝いにふさわしくないもの

移転祝いの花

移転祝いには胡蝶蘭や観葉植物などの植物を贈ることがビジネス上ふさわしいと言われています。

 

特に胡蝶蘭はお祝いの定番ギフトでもあり、幸せを運んでくるという花言葉に、これから移転して始まる事業にプラスの意味をもたらすことや長持ちしやすく見た目が良いなどのメリットもあります。

 

胡蝶蘭に立札を添えることによって贈った相手の株を上げることができるだけでなく、自分の会社のアピールをすることができるなどビジネスに活かすことができる特性があります。

 

必ずしも移転祝いに花を贈らないといけないというルールがあるわけではなく、関係性によっては贈るものを柔軟に変えてより喜んでもらえるものを渡すという選択肢があります。

 

その際に気を付ける必要が出てくるのはマナー違反になりものをお祝いとして渡さないようにするという点です。
特に気を付けなければならないのは赤色など炎を連想させてしまうものを渡すことです。

 

移転するということは新しい生活がスタートすることにもなりますが、そこで火事が起こってしまうというネガティブな連想につながる可能性があります。
移転するにあたってのお祝いに関してはできるだけ赤を避けるべきというわけです。

 

また、少し角度をつけようと思って移転祝いに通常のギフトとして贈られないようなものを贈る人もいますが、ビジネスが絡んでいるような場合はビジネスに重きをおいて考えるべきであり、一般的なギフトの中から選択する必要性があるという点に注意しましょう。