会社へ贈る移転祝いマナー

移転祝いのビジネスマナーとは?

移転祝いの胡蝶蘭や観葉植物を贈る場合には、手配の仕方がポイントにもなります。
基本的にビジネス上での関係から贈る場合はビジネスマナーが絡んでくるので、ビジネスマナーをしっかり守った上での取引が基本になります。

 

気をつける点は「相場」「贈るタイミング」「花の仕様」です。

 

相場

胡蝶蘭や観葉植物を贈る場合は数万円という費用が相場になることもあります。
これだけ高いお金をかけても贈り方のマナーがしっかりしてないとかえってマイナスの印象を与えてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

 

最低でも1万円以上、大切な相手には5万円程度が相場です。

 

贈るタイミング

移転祝いを贈る場合は購入するお店のことを考えるだけでなく、タイミングについてもきちんと考慮しなければならず、せっかく贈っても相手にとってバッドタイミングだとマイナス評価になります。
花が届くのは早すぎても遅すぎてもよくありません。

届け日

移転完了後、業務開始日当日に届くようにするのがベターです。

 

花の仕様

花の品質に気をつけることはいうまでもありませんが、お祝い用のラッピングや名前が書かれた立札プレートの出来もビジネスギフトには大事な要素です。

 

利用する花屋によってギフト仕様は様々ですが、法人向けギフトの実績が少ないような花屋の利用は避けるべきです。

 

 

ビジネスのお祝いは複雑な部分も多く、どこまでの関係性の人に渡すかということや相場がどれくらいであるかというのは把握が難しい部分にもなっています。
また、移転するからといってすべてのケースでおめでたいわけではなく、事業が不振になって事業所を維持することができなくなって縮小するようなこともありえます。
移転のお知らせが来ても安易にお祝いをすればいいと考えるのはよくありません。

 

どのような理由で移転する運びになったのかという情報をキャッチした上で移転祝いを探していくのが基本的となります。
植物だけでなくメッセージカードやパーティーがある場合は別途に電報を贈るなどプラスαの要素も加えることによって評価はプラスになります。