地域別のビジネスマナー

移転祝いの慣例

もしあなたが総務課に所属しているとします。
はじめて上司から花の手配を指示され、どうしていいかわからないとしたらこのページを参考にして下さい。
移転祝いの花を手配する際に必要なマナーが網羅されています。

 

一般的に、会社や事務所が移転する場合は胡蝶蘭や観葉植物を贈るのが慣例となっています。
もちろん他のギフトを選んで贈るという方法をとっても問題はありません。

 

ただ、地域によってはその土地独自のマナーや慣例があるので注意しましょう。

 

通常であれば1〜5万円を大まかな相場として、その中から関係性などを考慮して相場を決めていく方法がおすすめになります。
胡蝶蘭や観葉植物などを贈る場合についても相場にあった範囲で選ぶことがポイントになります。

 

また、併せて気を付けたいポイントになるのは地域性で移転に伴ってこれまでとは違う地域に入る場合は、法人であってもその地域のしきたりを守るというのが基本的な考えであるところが多くなっています。

 

そのため、これまでと違うところに移転する知らせを聞いた場合は、インターネットを使ってその地域性をチェックして特に考慮しなければならない点がないかどうか、ということも事前に調べてく必要があります。
ただ、調べてもわからない点は実績のある花屋がフォローしてくれます。

 

法人向けに実績の多いサービスはこちら