移転祝いの相場について

移転祝いの相場を知る方法

移転祝いの相場はおおむね1〜5万円くらいとなっていますが、幅が広いのでどの金額が相対的に考えた場合の相場になるのか把握するのが難しいところでもあります。
ただ、胡蝶蘭は5000円刻みで価格帯がありますので、予算や相手との関係から費用を組みやすいメリットがあります。

 

移転祝いを渡す場合は事前に相場を調べておくことがポイントにもなりますが、一般的な相場観を把握することも大切です。

 

移転祝い蘭の花

 

大まかな相場感

普通の取引先あて:15000〜2万円程度
顧客あて:2〜3万円
VIPあて:3〜5万円

 

相場を把握しつつ、競合ライバル社よりも良い印象を与えたい場合などは、やや多めの費用を組むのがおすすめです。

 

また、相場や商品情報を集めるときに胡蝶蘭や観葉植物の購入が同時にできるメリットもあり、そのまま購入するという方法が最も効率的です。
支払い方法や実績などを確認し、法人対応してくれそうなサービスを選ぶようにしましょう。

 

手配の方法

相場を把握しても、購入する花屋によっては値段に差がある場合があります。
例えば、都心のオフィス街や高級繁華街にある花屋は値段が高めです。
全く同じ胡蝶蘭でも、そのような花屋で購入すれば3〜5割高い金額となってしまいます。

 

最近は通販サイトでもお祝いの胡蝶蘭や観葉植物を購入することができるようになっているので、インターネットを活用して購入する法人が増えました。
但し、インターネットを通しての購入だと販売店の方にアドバイスしてもらうのがなかなか難しい場合もあります。

 

このような場合はメールや電話で相談するか、地元にある花屋さんに相談するのがベターです。
ただ、近所の花屋の場合は移転祝いの用途(法人向けギフト)の実績や知識が乏しい場合もありますので注意が必要です。

 

お祝いは相手に喜んでもらうために贈るものであるため、これを贈らないといけないという明瞭なルールがあるわけではありません。
ですが、個人が贈るお祝いに比べるとビジネスギフトの場合はその後の取引に影響が出ることもあるので、贈る花と手配の仕方は注意する必要があります。