移転祝いのメッセージ

お祝い花の送付が間に合わないときの電報

移転日間近になって知った場合や移転後に知るようなケースでは、慌ててお祝いに胡蝶蘭や観葉植物を贈るようなことになります。
タイミング的に手配が間に合わない場合は、取り急ぎお祝いの電報を贈っておき、移転が終わってから胡蝶蘭や観葉植物などを贈るという形でも失礼にはなりません。

 

祝電の基本的な贈り方になるのは届け先となる場所を確認した上での手配が一般的となっています。
場所によっては受け取ってもらうことができない場合(祝賀パーティーなど)もあるので、あらかじめ確認をとっておく必要性があります。

 

電報についてもいろいろな種類があるので、贈る電報の種類に関しても相手との関係性などによって柔軟に変えていく必要があります。
高いお金をかけることが良いわけではないので他に贈るお祝いとのバランスなども考えるようにしましょう。

 

また、お祝いとして贈るものについても一般的には植物が選ばれる傾向になっていますが、必ずしも植物ではないといけないというわけではありません。

 

しかしながらビジネスが絡んでくるお祝いになると、表向きではどのようなものでも喜ばれると言われています。
基本的なビジネスマナーができているかなど社会人としてのスキルが試されていることも多いので、マナーを知るということも必要な条件になります。

 

移転祝いの一環として電報を贈ることがありますが、電報だけでお祝い品を贈らないというのは稀なケースです。

 

尚、気を遣わせたくないという配慮から、移転の知らせが届かないこともよくあります。
散々迷って胡蝶蘭を送る人が大半です。お祝い品選びに時間を取られ、贈るタイミングが遅れないようにしましょう。